茨城県古河市・釜家鍼灸院のご案内。

交通案内  ▼サイトマップ

釜家鍼灸院
[ ホーム » がん治療 ]

がん治療

癌‥‥各種

癌に対して、鍼治療は、特異的な効果をもっています。細胞分裂の異常という、生命力の暴走とも言える状態に、経絡という次元を超えたシステムに鍼がどう作用するか、まだ未知の領域ですが、長年鍼治療に携わってきた者として、その手応えは確実にあります。 異常な気は、体に触ればすぐに感じられ、それを抑え、あるいは散らし、正常な気の流れを引き出す鍼の操作は、比較的簡単に出来ます。さらに、現在、根本の癌細胞を死滅させ、延命にまで、いかにしてこぎつけるか……研鑽中です。

現在、末期癌で、痛みの軽減や睡眠の確保、場合によって、寝たきりが、部屋の立ち振る舞いまでできるようになっています。

癌に侵された臓器、転移の状況、また、他の既往症との関連など、非常にまちまちですが、東洋医学は、常に全体を観て、生命力の根源を引き出し、奮い立たせる治療です。

◎鍼治療                                             

癌の細胞分裂は、異常であっても、一種のエネルギーとして、感じとることができます。これを正確に把握し、正常な気が打ち勝てるようなエネルギーを、ツボから鍼の操作で送り込みます。うまくいくと、本来の気が、息を吹き返し、異常な気を封じ込め、時には、消滅させることができます。そういうシステムが身体の中の、”ある次元”、に存在しています。これは、常に身体を常に正常に保とう、戻そうしています。

◎灸治療

エネルギーを、ツボから注入するのは、鍼と同じですが、艾(もぐさ)をツボの上で燃やし、その時に発する、気のエネルギーを使います。経絡という、神経とは次元を異にしたルートを使って、熱を巡らせます。これは熱気……熱を帯びた気とでも、いうものです。がん細胞による身体の冷えは、細胞の熱生産能力の低下……ミトコンドリヤと関係があると思われます。こういう冷えに、灸治療は効果を発揮します。

 

①免疫機能を調整し、癌細胞に対抗する
臨床試験によって、鍼灸治療は、T細胞、NK細胞、LAK細胞の活性を高め、癌の増殖を抑制することが、確かめられている。

 

②鎮痛効果がある
実験によって、鍼灸は脳内モルヒネ様物質を増加させ、鎮痛効果のあることが示唆されている。

 

③睡眠を助ける
ストレスによる自律神経の乱れから、不眠症になりやすい。ツボ、経絡治療によって、昼夜の陰陽バランスを整える。

 

④抑うつを改善
心、肺、脾、肝、の経絡を中心に治療。場合により、アロマ治療を行う。

 

⑤抗癌剤、放射線治療の副作用を軽減する
1.吐き気、嘔吐、下痢などの消化管症状を改善
2.白血球、血小板、赤血球の減少などの、骨髄抑制を改善

 

⑥冷えの改善
癌のステージや体力、浸潤の度合いをみて、灸治療をする。もぐさが燃える時に発する、気は、ツボから体内を巡り、細胞レベルの冷えを解消させる。

 

 

Copyright© 2019 釜家鍼灸院, All Right reserved.